天然木は、固さがある素材が印鑑にはおすすめです。ただ、朱肉には油分があることからも木材に染みこんでいくという恐れがあるため、天然木を用いた印鑑は使用した後朱肉をしっかりと拭き取るなどの工夫が必要になります。もし、朱肉をつけっぱなしにしておくとなると、周りの枠が油分により割れやすくなるからです。木材は呼吸することからもわかるように、乾燥や湿度の変わりやすい場所には弱いという点があります。なので強い日差しは避けたり、あとは湿った場所は避けるなどして管理方法をきちんと考えれば、長く使用することが可能です。天然木の素材としてメインとなるものは、柘植のものがあります。柘植の木はというと固さがあり、そして植物からなる暖かみも感じられ、手にもしっくりきます。柘植のものは産地などにもより様々ですが、黒水牛よりはリーズナブルでゲットすることが可能です。

油分には弱い木材の印鑑

天然木では素材は固いものが印鑑には合っています。ただ、朱肉には油分が入っていることより木材には浸透していくので、天然木で作られた印鑑は、何かのケースで使った場合は後に朱肉を拭き取ることがポイントです。仮に朱肉をつけたままにしておくと、周りの枠が油分の影響でもろくなってしまうためです。呼吸するという木材からもわかるように、乾燥面や湿度変化の面ではあまりよろしくない点もあります。ですので、日差しからは避けること、そして湿度がグンと増すポイントには置かないなど、管理を普段からしっかりしていれば問題ありません。天然木の素材で主なものは、柘植からなるものがあります。柘植の木は固く、そして丈夫であるため、大分前から材料として活かされてきました。黄褐色のカラーが目に止まり、暖かみもあり、そして何と言っても手にしっくりきて使いやすくなっています。

ガッチリ丈夫な木材印鑑の柘植

天然木ですと固い素材が印鑑には適しているでしょう。しかし、朱肉には油分があるため木材にはゆっくり浸透していくので、天然木からなる印鑑使用時にはしまう時ティッシュでよく拭くことが大切です。もし朱肉つきのまま放置すると、周りの枠が油分によってひび割れが起きやすくなるからです。木材は呼吸することを考えると、乾燥であったりジメッと湿度が増す所ですと、あまり相応しくない面があります。なので、直射日光の行かない所に置く、または湿った所を極力控えるなど、保管方法を意識すれば長いこと持つでしょう。天然木の素材のもので、代表的なのは柘植から作られたものになります。柘植の木はガッチリ固さがあって温もりもあり、しかも手にも非常に馴染み扱いやすいです。柘植のものは産地によっても変わってきますが、黒水牛と比べれば安く手にすることができるでしょう。