天然木は固い素材が印鑑には向いているでしょう。しかし、朱肉には油がふくまれていて木材には油が染みこんでいくため、天然木からなる印鑑は使った後にティッシュなどで朱肉をきちんと拭き取っておくことが重要になります。朱肉がつきっぱなしですと、油で周りの枠が傷つきやすくなってしまうからです。木材は呼吸することからも、湿度や乾燥など変化には弱いという欠点もありますが、湿り気がある所には置かない、直射日光は避けるといった保管方法に気をつければ長く愛用できます。天然木の素材としては、柘植のものがあります。柘植の木は固さがあり欠けにくいので、昔から材料として使用されていました。色も黄褐色で美しさがあり、植物特有の暖かみもあり、手の馴染みも良いです。柘植のものは産地などにより変動はありますが、一般的に黒水牛よりは安価で手に入れることが可能です。

木材の印鑑、柘植の印鑑について

天然木では、固さがある素材が印鑑に相応しいでしょう。ですが、朱肉には油分が入っており木材には油分が浸透しやすいため、天然木からなる印鑑を使用した場合は朱肉をティッシュなどでしっかり拭き取ることが大事です。朱肉付きのままだと油分で周りの枠が欠損しやすくなるからです。木材は呼吸していることから、湿度変化や乾燥といった点には弱い面もそなえていますが、湿度の高い所には置かない、直射日光には当てないなど、普段の管理の仕方をきちんと行っていれば問題ありません。天然木の材料として主なものには柘植のものが存在します。柘植の木は固さがあって欠損しにくいため、古くより材料として取り入られています。黄褐色の色も美しく植物らしい暖かみもあり、手に馴染みやすいのがポイントです。柘植のものは産地にも影響しますが、黒水牛よりも安いということが有り難い点です。

柘植の木材印鑑は黒水牛より安い

天然木ですと、素材は固いものが適しています。しかし、朱肉には油分が入っていて木材には油分が染みこんでいくので、天然木でできた印鑑は使用した後朱肉をきちんとティッシュなどできれいにすることが大切です。朱肉をそのままにしておくと、油分で周りの枠が今後欠けることも出てくるからです。木材は呼吸することからも、湿度変化の著しい所や乾燥する場所などには適していない面はあります。ですが、湿り気のある所や日が強く当たる所には放置しないなどの管理方法をとれば、安心して使用できます。天然木の素材ですと柘植のものがあります。柘植の木は固く、そして欠けにくいため、以前から材料として利用されてきました。黄褐色のカラーも美しさがあり、植物ならではの暖かみが存在し、使う際手にも馴染みやすくなっています。産地にもよりますが、黒水牛よりは安く買えることでしょう。