木材系の印鑑には、古くから知られている印材を使ったものや、エコ印材のものなどがあります。まず古くから知られているものとしては、薩摩本柘(さつまほんつげ)や白檀、そして黒檀が挙げられます。「薩摩本柘」は、一般的に広く利用されている柘の中でも高級品とされ、長く使ってもあまり状態が変化しないという特徴があります。「白檀」は、香木としても利用される高級木材として知られており、「黒檀」は、材質の緻密さや硬さ、耐久性に優れています。そしてエコ印材のものとしては、高圧処理によって加工された合板が使われている、彩樺(さいか)やアグニが挙げられます。「彩樺」は、硬度に優れていてキメが細かく、「アグニ」は、天然木以上の耐久性を持っているという特徴があります。さらに合板以外のエコ印材としては、ハードメイプルを使った「楓」があります。

印鑑に使用される木材について

印鑑に使用される素材には、角や牙、金属や樹脂に加えて木材も様々な種類のものが使われています。コストパフォーマンスが良いものであれば薩摩本柘がおすすめです。印材として古くから使用されてきた経緯があり、彫刻に適しているというメリットがあります。また白檀は爽やかで甘い香りがする木で、捺印するたびに心地よい香りを楽しむことができます。さらに玄武は艶やかな黒色が美しく、耐久性が高い素材として人気を集めています。この他にもアグニは赤色の木目が美しく、楓もエコな素材としておすすめです。楓は端材を特殊な技術を用いて固められており、耐久性に優れており環境保護にも貢献することができます。黒檀は美しいこげ茶色が特徴的で、虫がつきにくいと言われています。様々な木材の中から好きなものを選んで印鑑にしてもらうことをおすすめします。

印鑑の素材は木材などがあります

印鑑とは、ハンコで押してできた印影のこと、あるいはハンコそのもののことです。ハンコは銀行や郵便局、履歴書など、日常の生活の中で必須のアイテムです。日本社会ではハンコがなければ身分証明が完璧にできない場合が多々あります。ハンコの素材には木材などが用いられます。木でできたハンコは一般的に普及しており、ぬくもりがあるところと値段が手ごろなところが特長です。用いられる木の種類は複数あり、木によって色が、白に近いものから茶色、黒色までさまざまに変わります。素材によって、押印のしやすさや耐久性が変わります。ハンコの素材には、木材の他には、動物の角や牙・金属・樹脂などがあります。動物の角や牙から削りだしたものには牛の角、ゾウの牙、なかにはマンモスの牙から削り出したものまであります。金属素材にはチタンやカラーメタルといったものがあります。

店舗は基本年中無休(ショッピングセンターの営業時間)です。 職人の完全手彫り・花の印です。 平安堂は千葉県など関東を対象エリアに60店舗を展開、お客様の分身でもある印鑑を、心のつながりを大切に責任と誇りをもって作らせていただきます。当社では、印鑑専門店として様々な素材による印鑑作成を行っており、通信販売によって幅広い地域へ向けて販売を行っています。 印鑑を木材で作りたい方へ